Archive for 6月, 2014

Easy 月次決算

6月 26th, 2014 Posted in ブログ | no comment »

複式簿記はを使うと社長は会社の隅々まで見通すことが出来ます。但しそれは複式簿記のシステムが維持されている場合であり、今までは
優秀な経理スタッフ+疑問に答える上司+公認会計士
という組み合わせで複式簿記を維持していちものを、現在は
普通の経理スタッフ+税理士事務所
で維持しているのが普通だと思います。
Read the rest of this entry »

Does not need 監査証明

6月 26th, 2014 Posted in ブログ | no comment »

複式簿記はを使うと社長は会社の隅々まで見通すことが出来ます。但しそれは複式簿記のシステムが維持されている場合であり、そのためには「知識と能力」が必要です。大抵の会社にはそれが無いため「公認会計士」という職業があります。つまり
優秀な経理スタッフ+疑問に答える上司+公認会計士
という組み合わせで複式簿記を維持しています。
ところが最近会計ソフトが充実したおかげで
普通の経理スタッフ+税理士事務所
で出来ちゃうじゃん(監査証明が必要な場合を除く)
って事になっていると思うのです。

 

Concept    シャウプ

6月 24th, 2014 Posted in ブログ | no comment »
      シャウプ勧告を纏められたシャウプ博士について述べなくてはなりません。 理由は税理士制度を作った人だからです。 博士は戦後の大混乱期の日本の津々浦々まで二年がかりで回られて、ある時は農家に泊まり、ある時は開店前の焦点にインタビューに向かい、老若男女沢山の日本人と話した結果、シャウプ勧告において、青色申告制度と税理士制度を日本に置いて行かれたのです。 当時税収の確保だけを目指された場合には、方法が二つあったと思うのです。それは、

 

  1. 税務官吏を質量ともに増やす
  2. 公認会計士を増やす
    ところが、博士はそのどちらでもなく、アメリカにもない税理士制度を新設されたのです。
    残念ながらシャウプ博士は勧告の解説というものをしていません。それどころか、二度の勧告はいずれも博士が帰国されてから公表されているのです。(質問は一切受け付けないのです。)ですから一部想像するしかないのですが、
  • 敗戦国とはいえ日本人は優秀であり、識字率も高いので、「間接税に頼らず直接税中心の国が作れると考えた」ということは間違いなさそうです。 そしてそのお手伝いを税理士がやれよという意味だと考えています。

Concept    複式簿記

6月 23rd, 2014 Posted in ブログ | no comment »

複式簿記を使うと、経営者は会社の隅々まで見通す事ができます。非常に精度の高い道具です。 複式簿記では
・損益計算書で会社の利益を計算し、
・その利益が何処に貯まっているかを貸借対照表で表現しています。
つまり両方が正しくなければ「会社の隅々」は見通せません。非常に繊細な道具でもあります。
あなたの会社の複式簿記の利益は合っていますか?

  • 健康診断が間違っていたら嫌ですね。
  • 外出先の地図が間違っていたら嫌ですね。
  • お見合い相手の履歴書の中身が滅茶苦茶では嫌ですね。
  • バックミラーが歪んでいたらいやですね。
  • 新聞の内容が嘘だと嫌ですね。
  • 百科事典に嘘が書いてあると嫌ですね。
  • 電車の時刻表が嘘だと嫌ですね。
  • 道路交通情報が間違っていたら嫌ですね。
  • 飛行機の計器が間違っていたら嫌ですね。
  • ガソリンタンクの残量が間違っていたら嫌ですね。
  • 設計図が間違っていたら嫌ですね。

Read the rest of this entry »

Consept     税理士

6月 23rd, 2014 Posted in ブログ | no comment »

複式簿記は人生をかけるに値する学問だと思っています。
複式簿記のルールさえ守っていれば
経営者は会社の隅々まで見通すことができます。 Read the rest of this entry »

ACCESS

6月 11th, 2014 Posted in ブログ | no comment »

郵便番号152-0035
東京都目黒区自由が丘2-11-10パルシィード3階
03-5729-7118

before    決算日

6月 9th, 2014 Posted in ブログ | before    決算日 はコメントを受け付けていません。

税理士さんは決算日から申告書提出までが忙しいと思っていませんか?
実は全然違うんですよ。何故かというと、決算日が過ぎてからできるのは申告書の作成だけ
何にも出来ません。そりゃそうですよね。決算日が過ぎたその日はもう翌期ですから。
税理士さんって決算日までは本当に忙しいんですよ。(月次決算をしているから)納税額を予測するくらいならまだ簡単です。利益が出て高い税率を使うときは低い税率が使える準備をしたり、税額控除が使える枠がどれくらいあるかを計算したり、寄付金の枠を計算したり、決算賞与を出すかどうか検討したり・・・あらゆる準備をして決算を迎えます。決算日が終わればうちの事務所では決算専門の税理士さんがすべてやります。担当者の手から離れて行っちゃうんですね。

 

 

 

Why     月次決算

6月 9th, 2014 Posted in ブログ | Why     月次決算 はコメントを受け付けていません。

何故月次決算にこだわるのか
・トラブル回避

一言で言うとトラブル回避ですね。
例えが悪くて恐縮ですが、世の中にはトラブル大好き!というか世の中からトラブルが無くなれば食べて行けない弁護士がいます。そしてトラブルを未然に防ぐ努力をする弁護士もいます。
同様に税務調査大好き!税務調査が貴重な収入源だという人もいて、未然に防ぐ税理士もいます。私は後者の税理士です。
税務調査以外にも
・そもそも納税が期日までにできるかどうかとか
・資金繰りトラブルの防止等お金にまつわる話も当然月次決算をしていれば回避できる可能性があります。

 

 

 

 

Concept    黒字

6月 9th, 2014 Posted in ブログ | Concept    黒字 はコメントを受け付けていません。

月次決算をすると何故
・黒字となり
・調査省略となるのか
について科学的な証明はできませんが、思うところを書いてみます。
何故黒字となるのか・・・複式簿記の生い立ちにその理由があると考えています。
Read the rest of this entry »

Hello     月次決算

6月 7th, 2014 Posted in ブログ | Hello     月次決算 はコメントを受け付けていません。
月次決算をすると、会社が黒字となり税務調査が無くなると思っています。法律でそう決まっているわけはなく、論理的に確立しているわけでもないのです。しかし私共の税理士事務所では平成8年より月次巡回監査(翌月末までに専門家チェックの終わった試算表をお届けすること)をしきました。そして最近あるとき気が付いたのです。それは
・うちのお客様は黒字が多い
・うちのお客様は税務調査がない
黒字率はこの10年間70%以上を保っています
税務調査は2008年以後一回もありません

統計学で考えて何らかの法則があると考えて良いのではないかと考えています。

Tax inspection

6月 6th, 2014 Posted in ブログ | Tax inspection はコメントを受け付けていません。

月次決算をすると何故
・黒字となり
・調査省略となるのか
について科学的な証明はできませんが、思うところを書いてみます。 Read the rest of this entry »