月次決算で日本一

税理士登録をするにあたり折角なら「日本一の税理士」になりたいと思いました。何にもしらない馬鹿なんです。
しかし私は日本一どころか町内会一すらなったことがなく、それどころか「目指した」ことすらありません。こういう才能もない私が日本一を目指しても無理なので、周りを日本一にすることにしました。
1.まずプログラムです。
日本一のプログラム(価格も日本一)であるTKCのプログラムを使いました。
2.コピー機  日本一スピードの速いコピー機を買いました。
3.スキャナー  日本一(本当は日本で2番目・・一番目が高すぎた!)。
4.書類の保存方法  日本一の会計事務所の方法をまねました。
5.申告業務    日本一の会計事務所の方法をまねました。
6.研修会  日本一難しい勉強会に参加させていただいております。
などやって来たわけですが、現在多分規模的には日本の上位5%くらいには入っていると思います。

何の日本一かと考えてみたのですが、まず自信があるのは
一、税務調査の少なさです。これはかなり前から日本一ではないかと考えています。
二、次に翌月巡回監査率・・・これは日本一ではありません。(例えば経理の人が病気で会ったりしたらすぐに翌月にしてしまうから)でも高い率を維持することで、お客様である会社内部にもきちんとした流れを作っているものと思います。
三、でも本当に自慢できるのはお客様の質の高さです。何故かうちの事務所には明るくて仕事熱心な良いお客様が集まっています。良いお客様と良い仕事ができる。この部分は日本一なのではないかと思います。

This entry was posted on 月曜日, 5月 18th, 2015 at 10:07 AM and is filed under ブログ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.