Concept    複式簿記

複式簿記を使うと、経営者は会社の隅々まで見通す事ができます。非常に精度の高い道具です。 複式簿記では
・損益計算書で会社の利益を計算し、
・その利益が何処に貯まっているかを貸借対照表で表現しています。
つまり両方が正しくなければ「会社の隅々」は見通せません。非常に繊細な道具でもあります。
あなたの会社の複式簿記の利益は合っていますか?

  • 健康診断が間違っていたら嫌ですね。
  • 外出先の地図が間違っていたら嫌ですね。
  • お見合い相手の履歴書の中身が滅茶苦茶では嫌ですね。
  • バックミラーが歪んでいたらいやですね。
  • 新聞の内容が嘘だと嫌ですね。
  • 百科事典に嘘が書いてあると嫌ですね。
  • 電車の時刻表が嘘だと嫌ですね。
  • 道路交通情報が間違っていたら嫌ですね。
  • 飛行機の計器が間違っていたら嫌ですね。
  • ガソリンタンクの残量が間違っていたら嫌ですね。
  • 設計図が間違っていたら嫌ですね。


あなたは間違った決算書にいくらまでなら払いますか?

 

This entry was posted on 月曜日, 6月 23rd, 2014 at 6:18 PM and is filed under ブログ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.