月次決算が非常に大事だったとしましょう。
それほど大事なのに、では何故みなさん出来ないのでしょう。それを紐解いてみます。
資本主義とは投資した資金を使い何らかの運動(つまり経営)をして、より大きな資金となって回収させる体制です。
そして、増加した資金に対して担税力(納税する能力)ありと見て課税するのが直接税である所得税、法人税です。ではちょっと質問しますが、
「現金が10万円増えてる!」さあ税金を掛けますよ!と言われたらなんか変ですよね。ちょっと考えてみてください。その増えた10万円の理由が色々考えられるからです。
・銀行から借りた10万円だったらどう思いますか?これに税金かけられたら・・・なんか嫌ですよね
・10万円は売上金だけれど、来月経費を10万円支払う予定の場合はどうですか?・・・税金かけられたら支払えません
・10万円現金は増えたけれど、預金が10万円減っていたらどう思いますか?・・・担税力がないです
つまり、現金が10万円増える過程の記録が必要だという事がわかります。
例えば一年間の取引が売上入金の10万円の一取引だけだとします。将来この分の経費も発生しないとしますと確かに利益は10万円のように見えます。
現金出納帳ではどう書かれているかと言うと
Ⅰ期首残高 0円
Ⅱ 期中入金 甲会社 売上入金 10万円
Ⅲ 残高10万円

と書かれます。
このⅡ 「期中入金 甲会社 売上入金 10万円」から利益を出します。
ところが、この
Ⅲ 残高10万円は何故書かなくてはならないのでしょうか?
理由があります。
残高を記載することで、本当に現実的に存在する「現金10万円」と確認することにより、この取引が正しく記載されているという事が証明されるのです。
仮に現金が現実的には11万円あったらどうでしょうか?
また、期首がゼロ円だったことを確認しそびれていたらどうでしょうか?
もう正しい事を何等証明できません。帳簿残高と実際残高が合う事で一連の取引の記載が正しい事を間接的に証明するのが複式簿記です。
では何故月次決算が出来ないかと言うと、色々あるでしょうが、
・正しい仕訳がわからない。という知識の問題もさることながら、
肝心な
・帳簿残高と実際残高が合わせられない。
というのが大きいのです。
帳簿と実際を合わすなんて簡単じゃん!って思うでしょ。そういうあなたは何にもわかっていません。だって本当は大変なんだから。
現金、預金、借入金の残高合わせて幼稚園レベル
売掛金、買掛金合わせたってまだまだ小学校低学年レベル
ただし、この辺で半数の決算書は不合格ですけどね。
車、機械、土地、前渡金、前払費用、保証金、投資有価証券、前受金等々
これらを年一回決算時に合わせるのではなく、毎月々々合わせるのが月次決算です。貸借対照表に出てくる全ての勘定科目の残高が増減記録とともに説明ができるのが月次決算です。
それはこのくらいやれば利益も損失も合ってそうでしょ!だから真剣に一円以上の黒字が狙えるのです。結果として黒字となります。利益の合っていない試算表は間違った地図で宝探しをするようなものです。時間の無駄にはご用心!!

巡回監査率を見てください。

Comments are closed.